住宅ローン審査落ちた理由はわかるの?借換をしない方が良い場合とは?

住宅ローン借換を検討している方で、あともうちょっとで返済完了するけれども、金利が低くなっているから借換をしようかなと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしそのような状況で借換をしようと検討しているのでしたら、実は借換すること自体あまりお勧めできない方法でもあります。
ではなぜしないほうがいいのか、それは損をする可能性が非常に高くなってしまっていること、そしていろいろな面倒さなどを考えるとしないほうがいいんです。
まず借換でお得になるための最低な条件となるのが金利1%以上の差、そして残っているローンが1000万円以上あることです。
もし金利の差が1パーセント以上あったとしとしても、残りのローンが1000万円ないと諸費用によって損をします。
あとちょっとという場合、もちろん残りのローンが非常に少ないので損をする可能性の方が高いんです。
そしてこの借換はかなりいろんなことをないといけません。
面倒さなども含めてしまいますと、そのままの状態で支払いしたほうが良いですね。