IPO家族口座の注意点とは

【IPOの家族口座を作る際に気をつけなければいけない点】IPOの抽選で当選率を挙げる方法の一つに家族口座があります。つまり本人だけでなく、家族の名前で口座を作りIPOの申込件数を増やし、それにより当選確率を上げる方法です。でも家族口座を作る際には気をつけなければいけないことがあります。それは例え家族とはいえ、本人に知らせずに勝手に名前を使って口座を開設し、その口座で資産運用を行うことはルール違反になるからです。証券会社ではこうしたことを防ぐために、口座申込に対しては次の点をチェックしています。<家族口座に対する証券会社のチェックポイント>①同一の印鑑、メルアド、電話番号などを使っていないか。②申込書の筆跡は同じでないか。③家族と同時申込ではないか。④本人に確認ができたか。⑤店頭で本人と面談したか。⑥本人と同居の家族でないか。